閉経による卵巣からのホルモン分泌が減少することで性交痛を引き起こし、セックスレスになる人も多く性生活が崩壊する場合があったり、或いは更年期障害・不定愁訴によるうつ状態の人もいる。これらの症状を和らげ改善する方法を真剣に考えてみたい
 トップ写真

オーガズムの定義

ピンクバラ典型的な女性のオーガズムは男性のものよりも遥かに長く続く。オーガズムに先立ち、陰核の勃起と膣の開口部の湿潤が起きる。皮膚への血流増加により身体の大部分が赤みを帯びる性的紅潮を呈する女性もいる。

女性がオーガズムに近付くと、陰核亀頭が内側へと動き陰核包皮の下へと隠れ、小陰唇が黒みを帯びる。
オーガズムが間近に迫ると、膣の外側1/3が硬ばり狭窄し、膣全体は長く伸び、広がり、また充血した軟部組織により狭まる。マスターズとジョンソンはこの現象を「テント形成」と呼んでいる。

膣以外では、乳首と乳輪の複合組織の筋線維芽細胞が収縮して乳首の勃起と乳輪半径の縮小を引き起こし、これはオーガズムの開始時に最高潮となる。

それから、子宮に3-15回ほどの筋収縮が起こる。子宮、膣、肛門、骨盤に一連のリズミカルな収縮が起きる時、女性は十全なオーガズムを体験する。女性の大部分はこれらの収縮を非常に気持ち良く感じる。

女性のオーガズム不全の原因の大半は前戯不足のような性的無知もしくは心理的な原因によるものであり、心理的な原因が90%ともいわれる。

女性のオーガズムのうち、挿入そのもので引き起こされたものはわずか20%だが(残りはマスターベーションやファンタジー、あるいは前戯によるもの)月のうち受胎の可能性が高い時期ほど、挿入によるオーガズムが起こりやすい

より具体的には情緒不安、性行に対する嫌悪感や恐怖、(異性に興味が無く)同性愛であること、夫婦間の不和の問題などが挙げられる。
少し異なったものとしては、過労(精神的な過労も、肉体的な過労も)が挙げられる。

心理的な要因や過労といった要因があると、大脳皮質においてドーパミン系機構へ抑制がかかり、オーガズムが抑制されるのだと考えられている。

科学者たちはホルモンと性衝動には深い繋がりあるのではないかと考えてきた

 1920年にホルモンの存在が確認されて以来、科学者たちはホルモンと性衝動には深い繋がりあるのではないかと考えてきた。人がどれくらいの頻度で、どのように性的興奮を覚えるか、どんな相手に惹かれるかまで、ホルモンの力に左右されているのではないかと言うのである。

 これまで見てきたように、男性の性欲は主としてテストステロンのレベルが保たれていることによって引き起こされる。このホルモンがあるから男性は、出来るだけ多くの相手とできるだけたくさんセックスをしようとするのである。かたや女性の性欲には、非常に異なる三つのホルモンが複雑に混ざり合って影響を与えている。

この三つのホルモン

三つのホルモンが正確に言えばいつどのように影響しているかをめぐって、ここ50年ほど議論が繰り広げられてきた。伝統的に女性に課せられてきた社会的プレッシャーに比べると、ホルモンの影響などないに等しいと主張する一派もいる。また、ホルモンの影響を受けているかどうかは一人一人異なり、一般論には意味がないという一派もいる。

 また、ホルモンと性欲関係を探る研究は始まったばかりなので、はっきりした結論を出す段階ではないと主張する人もいる。

 実態はまだはっきりとしているとは言えないが、そろそろ仮説を立てるくらいなら許される段階に来た。そこでとりあえず、今の段階で解っていることだけまとめてみよう。

 女性の月経サイクルとホルモンの満ち干はどういう関係があり、それはどのような心の動きを生み出すのだろうか。

エストロゲン

 まず、エストロゲンについてみてみよう。このホルモンはいつでも生産されているが、排卵の直前に特に多くなる。セックス・セラピストのテレサ・クレンショウはこのホルモンを“マリリン・モンロー・ホルモン”と名付けている。“そばにきて私に触って! 私をあなたのものにして!”と訴えるホルモンだからである。女性を駆り立てるのも、このホルモンの仕業である。

テストトロン

二番目のホルモンはテストトロンである。女性の場合、このホルモンの量は男性よりずっと少ない。だが排卵期前後はぐっと量が増え、男性と同じ効果をもたらす。夜、相手を求めてさまよったり、タッチダウンを求めて走ったり、ビジネスで契約をまとめたり、何かを積極的に追い求めたり、戦いをものにしたりする背後には、テストトロンの働きがある。

 このホルモンは、セックスにも関係がある。ふと立ち止まり考えずに前に進むのは、テストトロンのせいなのである。

プロゲステロン

三つ目のホルモンはプロゲステロンである。このホルモンはいわば“意欲に水をかける”ホルモンで、女性が家に溜まって家族の中に閉じこもりたくなるのはこのホルモンの働きなのである。

 このホルモンの働きが強い人は、積極的・攻撃的な行動を取るよりもむしろ何かを育み、守る傾向が強い。また女性の月経サイクルの最後の方や妊娠期には、このホルモンは大量に生産される。

 このように多様なホルモンが補い合って作用しあい、満ち干きを月ごとに繰り返す。これを理解すると、女性の性衝動に関してこれまでよりはずっと真実に近づける。

骨盤底筋図
  骨盤底筋図
膣壁前方上部の小さな領域からさらに場所を特定すると恥骨の直下にある、女性の尿道海綿体のことである。
 ちつ陰部図
 一般に膣に中指を全て入れて第二関節を曲げた周辺にある場合が多い。そこには、スキーン腺(小前庭腺)という分泌腺がある。スキーン腺は発生学的には男性の前立腺に相当するので、(女性には存在しないが)女性の前立腺という名称で呼ばれる場合もある。「Wikipedia」提供

ピンクバラ女性の性感帯は陰核、陰唇、膣口、乳首、尿道口、Gスポット(クリトリス裏側)、耳、首からなる約8部位からなるとWikipediaでは記している。が、それら8部位は前戯としての性感帯であって、小オーガズムとして得られる。男性との性交では、膣内は中オーガズムとして得られる。
外性器図
そしてセックスの中心と言われる子宮頚部である噴門付近が大オーガズムとして得られる。と言われております。
性感帯8部位と膣、子宮噴門が高度な心地良さを感じて最高潮となり大脳皮質においてドーパミン系機構からドーパミンが大量に躰全体に放射される。

オーガズムに達するメカニズムは膣の三分の一(外側)が強い収縮を起こす。最初の収縮は二秒から四秒に続き、後のほうの収縮は0.八秒の間をおいて起きる。膣の内側三分の二がやや広がる。
子宮図、膣
子宮が収縮する。絶頂に達し、からだ中が熱くなる。体の様々な箇所で筋肉が収縮し始める。いわゆる全身痙攣(けいれん)を引き起こすし、呼吸数、心拍数が高まり、血圧が三割ほども高くなる。

声を出す例もみられる。子宮が3-15回ほどの筋収縮が起こる、これが究極のオーガズムとしてドーパミンの分泌される量により小オーガズム、中オーガズム、大オーガズムに分類されるのは明らかでありオーガズム定義づけできる。「Wikipedia」提供文献からから推測される。
  「オーガズムをいちばん感じるのが生理前、『排卵時に引き起こす子宮微細動(子宮噴門が激しく震え、精子を取り込む吸引細動』を引き起こす。その時しかオーガズムを得られない女性であれば、身体奥深くの子宮頸部(噴門)そのものが心地よい衝動を欲しているのかもしれない。
男性生殖器解剖図 男性生殖器解剖図 1.膀胱 2.恥骨 3.陰茎 4.陰茎海綿体 5.亀頭 6.包皮 7.尿道口 8.S状結腸 9.直腸 10.精嚢 11.射精管 12.前立腺 13.尿道球腺 14.肛門 15.精管 16.精巣上体 17.精巣 18.陰嚢 
日本人男性ペニスの平均長さ:十三・五センチ程度である。性行為では子宮噴門(うずら卵ほどの大きいさ)に、ちょっと当たるような感触がある程度であり、女性が望む性欲の疼きを満足させるほどの刺激と興奮は与えらないのかもしれない。

膣は伸びるし、広がるし、子宮は押されると腹部奥へと後退してしまうからだ。そして膣という部位はそもそも性感を感じない器官だ、その外側に性感帯はあるのだ。

女性が満足するには亀頭縁かがりの役割がセクシャルテクニックには欠かせない(亀頭を出す割礼。感染症予防。及び早漏改善として固く成熟したペニスにする)。昔は多くおこなわれたことは周知のことだ。

そして、女性が満足するセックスとするには充分に時間をかけ愛撫する持久力も重要だ。

セックスに不満があり、セックスレスであるなら刺激的シチュエーションを取り戻すために夫婦で何らの物理的・能動的アクションを試し努力を重ね自分たちにあったしかたを見つけることだ。

 性的情熱を失った中高年層が八十パーセント前後いるという現代人。楽しいはずの残りの人生を捨てるようなもので本当にもつたいない気がする。

ノーブルウッシングB型あるいはC型先端部(ペニスの質感・人肌に最も近い軟質シリコーン製、ゴムアレルギーの人も使用できる) は日本女性膣腔侵入最大深さ:14センチ前後に達する。しかし、黒人男性の太長い20p前後のペニスのようにペニス亀頭の変形であったり、陰茎本体が曲りテント状に広がった膣に収まることで安全を確保することができるが、ノーブルウッシングの場合は膣奥に触れたそこが限界点です。

 その限界点が最も女性がオーガズムを得やすいセックスGスポット(子宮噴門・子宮)に触れ作動できるのがノーブルウッシングということになります。 

セックスにおいてペニスそのもので満足させられない! セックステクに自信がない男性!

 「ノーブルウッシングC型
 ノーブルウッシングC型

優しく柔らかなタッチで時間をかけて膣入口から愛撫する要領で相手の息づかいストロークに併せ、 女性へ僅かでも痛みを感じさせないようにそしてオーガズムに達するまで丁寧に行ってあげてください。

 オーガズムに達した膣腔は、腔内温度が上昇し不随筋肉の痙攣が繰り返される状態を維持するから、勃起力・持続力のあるペニスであれば、膣腔にソフトノーブル「避妊具」を挿入し、男騎乗位で性行為に及べば今まで得ることなかったオーガズムを得られる。

勃起不全・中折れ・早漏の男性には最適です 
 勃起不全気味な中高年の場合はペニス根元に輪ゴム一本を二重又は三重にして入れることで亀頭縁が張り出す。よって性感が伝わりやすく中折れを防ぎことができる。自ら射精を望みたい場合は女性がオーガズムを充分に淫蕩し満足してから、女性騎乗位でのセックスを行ったら数分で男は射精できる。

 なぜかと言うと、興奮期にはバーニング現象で膣腔が風船状に広がり子宮が膣口に引っ張られている。さらに女性騎乗位となることで子宮が下がることで指先でも触れる位置に子宮があり、ペニスへの圧迫・刺激感覚がマックス状態になり、興奮した膣外性器および膣内の温度が上昇していることからさらに男の射精はより早くなる。 

注1 全ての用具使用にあたっては、市販オリーブオイルを塗布し動作環境を良くすることで、ケガ防止、性感覚を昂ぶらせる効果がある。
  使用上の操作として膣挿入後に小さな容器(タレ入れ)に入れたオリーブオイル、或いは、ゴマ油・アロマオイルをTソケット上部から流しいれることで、ケガ防止と性感覚がよりよくなります。
 

注2
 膣温水洗浄器ノーブルウッシング先端部・超柔らかシリコーンゴム製で硬度計では計測できない柔さであり、針侵入度という針に重りを載せる計測法である。

従って、シリコーンゴムは強く擦ったり、引っ張ったり、陰毛に絡んだりすると簡単に破断する。性行為に使用する場合は消耗品としての要素が高いことを了承のうえ使用してください。

女性は陰毛処理をなさった方がよいでしょう。
男女とも陰毛をハサミで切ったら新聞紙少量を強く束ねて燃やしソフトな炎で毛先焼いてを丸めてください性交時のケガ防止としても役立ちます

注意
 ノーブルウッシングB・C型(膣温水洗浄器)は本来性感マッサージ用として、設計されてはおりません。激しい動作においては先端部突起が破損し易く、破損した場合には、その突起部分だけハサミで全て切り取ることで再使用することもできますが。使用前に先端部が抜けないかチェックしてください。

ノーブルウッシングB・C型をあるいは、C型C型二つ用い膣腔でのマッサージは厳禁です

 ノーブルウッシングB・C型をあるいは、C型C型二つ用い膣腔でのマッサージされた場合は、先端部軟質シリコーンゴムが膣腔に抜け落ちてパステルホースがむき出しになり膣腔を傷つける危険あるので厳禁です。

 膣腔から出血という事態になったら、浴槽でもう一方のウッシングで温水洗浄し、膣腔の水滴を出して、市販傷薬マキロンをウッシングに塗り、さらに膣腔に握持するソケットかマキロを流し入れる治療する。その後、日を置いて二、三回治療を施し痛くも痒くもないなら一ヶ月間は性行為は行わないでください。その後経過を診て痛みが続いたり、出血するなら婦人科で治療してください。
 
 ノーブルウッシングC型を性感マッサージとして激しい動作をした場合には破損しやすくなり消耗品となります。柔らかいタッチで使用し少しでも長持ちするように、そして膣腔を傷つけないようにしてください。もしも破損したら小さくハサミで分解し燃えるゴミに出してください。
ノーブルウッシングの
交換・返品処理は固くお断りいたします。 

2018年においてはバイブレーター・オルガスターも進化しているのだが。

バイブレーター女性の自慰行為おいては優れた商品である。しかし、当社に多数寄せられているバイブレーターの問題、は耐久性に乏しくて何台も買い替えているという消費者の声も寄せられている。
膣洗浄器
 当サイト販売のノーブルウッシング(超柔らかシリコーン製)は膣温水洗浄器。または洗浄避妊法用具として平成21年11月に特許を取得したが、性生活を楽しむ用具としてビックリするほどの快感が得られる。耐久性においても優れ、先端部分のシリコーン赤ちゃん肌ように柔らかく撥水性があり、衛生管理にも優れている。無臭・そしてゴム製品と違ってアレルギー反応を示さない特徴がある。しかし、

 ノーブルウッシングB・C型(膣温水洗浄器)は本来性感マッサージ用として、設計されてはおりません。激しい動作においては先端部螺旋突起が破損し易く、破損した場合には、その突起部分だけハサミで全て切り取ることで再使用することもできます。
 
ノーブルウッシングを膣に入れ動作してもペニス同様の柔らかさでありケガの心配もないことから女性は安心して心と身体を開放し性感触を淫蕩(いんとう)耽(ふけ)る心境になって、何度でもオーガズムへと達させられるようになる。

形状大きさは二種類あり、最初はB型を使用されて、膣腔が熟成されてきたら形状の大きい下記写真C型を使用されるが最良です。
膣洗浄器

使用回数が増すごとに膣腔が鍛えられて、締め付ける力が強まっていくことが、ダイレクトに膣腔の締め付ける感覚が感じられる、そしてパートナーも同様に感じられるようになる。上記C型の場合では女性が思いっきり膣を締め付けると少々の力では抜けない、動かなくなるほどになる。締め付ける部位も奥や入口と分けられることも感じとれる。

使用方法は

まず使用するパートナーが直接手で触り、身体に当てこれなら膣に入れても安全なもの認識してもらうというのが大切である。

行為を及ぶには心が癒(いや)されて身体その気になったらセクシャルヌレヌレフンガテク(ケガ防止法)を用い、じゅうぶんに女性外性器・膣内を指で潤してあげることが前戯としては重要なことです。ぜひ上記をクリックして参考にしてください、それから。

ノーブルウッシングTソケットを掴んで、先端部から挿入し膣腔快感Gスポット(子宮口)へ達したら、止めた位置でピストン動作ではなくって。優しくゆっくりと、ローリング、あるいは掴むソケットを上下運動動作させて膣奥へ伝える。

そして興奮が昂じるとパートナーに併せて激しく、そして緩やかにというリズム繰り返し、限りなく楽しませてあげる。

また、膣入り口も同じ動作をすることで、肛門部性感帯を刺激すると興奮がより昂じる女性もいる。

じゅうぶんに潤ったら前後(ピストン)運動をする時は、利き手でない手でホースを掴み、それ以上の子宮へダメージ与え性交痛を発しないようにホースをしっかり掴み止めて、一方の利き手でノーブルウッシングTソケットを掴み前後ピストン・やローリング運動を相手の呼吸に併せて強弱を交えながら優しく心を込めて動作をおこなう。

ホースを掴んだ手指でクリトリスに接触するとき優しく押揉をしたり、ときには激しく押して愛撫してあげることで、女性側は男性と一体になってセックスを興じている雰囲気であり違和感なく。

そして罪悪感も生じることなくオーガズムへより早く近づけられる。これが基本的な動作である。

性交痛を感じる人であったら、ノーブルウッシングを掴むTソケット上部から市販のオリーブオイル(潤滑ゼリー・ローション)を流しいれながら膣へ挿入することで膣深部までオイルが行き渡ることで性交痛を感じさせないですむ。

当該性行為おこなう男性・パートナーへの肉体的な負担が生じないので女性は無限に何回でも心いくまで淫蕩(いんとう)に耽(ふけ)ることができるのでオーガズム(イク)を味わえると斎藤紀夫さんが私に詳しく教えてくれた。

膣の締まり具合が半端なく強いことがわかった

ノーブルウッシングC型を使い始めてわかったことだが、妻の膣が半端なく強いことがわかった。妻がオーガズム近くになると、膣奥であったり、膣入口(恥骨)の締まり具合でウッシングC型が作動しなくなるほどつよいのである。

ソフトノーブル(D型)使用歴八年という経験がその力を生み出していたのである。その兆候は斎藤紀夫さんも七十歳前になとなく感じてのだという。

ソフトノーブルを使いだしてから和子さん(六七歳)に積極的にセックスに応じるようになり、そのたびにオーガズムにほぼ達するようになったいたという。

ソフトノーブルを掴み体外へ取り出ししにおいて、膣筋肉を使うとヌルヌルとして掴みにくいソフトノーブルの取り出しが容易なことが自然と膣筋力の運動となっているのだと思われる。と紀夫さんの見解だっだた。


性交痛を感じる人であったら、ノーブルウッシングを掴むTソケット上部から市販のオリーブオイル(潤滑ゼリー・ローション)を流しいれながら膣へ挿入することで膣深部までオイルが行き渡ることで性交痛を感じさせないですむ

当該性行為おこなう男性・パートナーへの肉体的な負担が生じないので女性は無限に何回でも心いくまで淫蕩(いんとう)に耽(ふけ)ることができるのでオーガズム(イク)を味わえる。 
女イラスト
心地良さも感じる子宮噴門は排卵日には開き吸引微細動することで精子受け入れたり、また、生理の時は噴門(子宮頸)を開き排泄微細動し排泄する。
オギノ式避妊でいう「生理の7日前後では確りと噴門を閉じる」四週に渡ってその様な働きをする。自らの脳にも支配されない体の中に棲(すむ)もう一つの神秘的な生命体として君臨するように、男の良し悪しの器量を計ったり、遺伝子を残すため男性を嘆息させる能動的な働きや、排卵日になると男性を惹きつけるホルモン物質を発散したりする生殖に関する全てを能動的に脳の支配下でなく自らコントロールするようである。

これら神秘的な働きは、昔から言われている女は子宮で男を選ぶと言われていることかもしれない。
女性にとってはオーガズムの中心子宮噴門に届くような太長くて逞しいペニスが最良であると、江戸時代の遊郭の遊女が申して居ましたそうな、女の立場だったら貧弱なペニスは一度きりでいいと思うは当たり前ですね。
また、江戸時代の男性もその様なペニスに憧れて涙ぐましいペニス鍛錬を行っていたとある文献に記載されております

ハッピー嬢検索サイトgigazine.net引用
全世界の女性のみ約1200人の回答をまとめたものをさらにわかりやすくしたものです。女性たちの属性から。42%が既婚者、24%に付き合っている人がおり、34%は独身です
75%の女性は長さも太さも重要であると考えており、サイズが小さいかっこいい男よりも、サイズが大きいけど平均的見た目の男の方が好ましいと81%が回答しています。
アンケート調査 
あなたが過去に経験した男性で最もサイズが大きかったのは?という質問では75%が「以前付き合っていた人」であり、残り25%は「現在付き合っている人」と回答
「彼のサイズが原因でセックスのを拒絶したり放棄したことはあるか?」という問いに対しては、61%が「はい、あまりにも小さいので拒否」と答え、4%が「はい、あまりにも大きすぎるので拒否」と回答、35%は「いいえ、私は全部のサイズが好き」としています。

上記の答えだけ見ると「Oh...」という感じなのですが
男はなぜ新しい女が好きなのか? 女は不倫するか? 新たなファンタジー・刺激によって性欲を昂ぶらせ満足するのである。
しかし、ペニスあるいは技術が前パートナーを何ら変わらなければ、直ぐに飽きるだろう。

男性との性交では、膣内は中オーガズムとして得られる。そしてセックスの中心といわれ子宮頚(噴門)がオーガズムとして得られるものであると。

セックスにおいてペニスそのもので満足させられない! セックステクに自信がない男性!

わが国の夫婦の性は、とても貧しいアダルトビデオ等から誤った数々の性知識をもって、夫の独(ひと)りよがりな貧しいセックスを続けると性拒否・セックスレス化していくのです。

 「妻を喜ばせてやろう」という意識を持っていますか? 回数ではありません。妻にとって、心も体も解放される素敵なセックスが展開されれば好きになるでしょう。
苦痛でしかないセックスであれば、したくないのは当たり前です。

勃起不全・中折れ・早漏

 より女性を感じさる前戯方法して、『セクシャルヌレヌレフィンガーテク』法を用いると閉経を迎えた中高年女性でも簡単に「イク」「イケル」というテクニックがある。
「ノーブルウッシングB型」

ノーブルウッシングB型オーガズム(絶頂感)を知らない妻、イカせたこともない夫という人は本来の用途ではないが前戯としてノーブルウッシング(膣洗浄器)を用いることで、パートナーを完全にオーガズム(絶頂感)へと導くことができる可能性がある【ノーブルウッシングB型】上記を用いるのもいいかもしれません。イカせてください、イッてください。

ただし、クリトリス愛撫へはノーブルウッシング先端ヒダを用いることでソフトな触覚を与えられる。また、性行為使用の際、当用具を膣口へ痛みなく心地よく導くには指に、必ず指サック(コンドーム)を用い、指をアナルに当てアナル誤入(清潔保持)を防ぎ膣内へ誘導されることをすすめます。

【ソフトノーブル商品一欄】
商品について
ソフトノーブルを用いると男性は、ペニス亀頭へ相当の刺激があることで早く射精に至ることができる。
さらに素早くフィニッシュを求めるなら、女性騎乗位なら「勃起不全の人でも膣挿入できるなら(ペニス根元をテラックス製輪ゴムを二重にして2〜3本縛る一時的方法として効果がある)」分単位でイケる可能性がある。

注3 前立腺で造られ精嚢(せいのう)に精液は溜められ、満杯になると射精を促すサインが性欲として現れるわけだが、しかし、 輪ゴム使用し射精しても相当量の精液が精嚢に逆流する。

 この事象については二つのデメリットがある。直ぐに性欲が起きる。一時的であっても尿管を強狭することで排尿障害も起きることがある。

また、前立腺の活動を活発にするために、逆流した精液を放置していいか、全て射精した方がいいか議論の分かれるところだ。

加齢による性機能不全・若年性性機能不全を改善するには、睾丸・付帯する精管等をマッサージすることですぐれた効果が望める。

女イラスト定義

「オーガズム」は生理学的・医学的には男女ともに生殖器周辺の筋肉の素早くリズミカルで強力な収縮、および心拍数・呼吸数・血圧の増大や瞳孔の拡散などを特徴として定義されている。

だが、「オーガズム」の定義にはばらつきがあり、心理的・社会的要素もあるため、一貫した分類をどう行うかのコンセンサスは得られていないと考えられている。例えば学術誌『臨床心理学レビュー』では少なくとも26のオーガズムの定義がリストアップされている。
Gスポットのみの刺激により得られる女性のオーガズムの数分間。セックスによってはさらには1時間も永く引き延ばされた・連続的なオーガズムといった種類の性感を厳密な意味で「オーガズム」と分類すべきかについては議論がある。

この問題はオーガズムの臨床的な定義を軸とするものであるが、こうしたオーガズムの見方が単に生理学的なものである一方で、心理学的・内分泌学的・神経学的な「オーガズム」の諸定義もある。

こうしたケースでは、経験される感覚は主観的なものであり、オーガズムの特徴である不随意の収縮は必ずしも関与する必要はない。

しかしながら、両性が経験する感覚は極めて快いものであり、しばしば全身で体感され、超越的とも呼ばれる心的状態をもたらし、血管充血(英語版)とそれに結び付いた快感は、収縮を伴う完全なオーガズムのそれと比肩しうるものである。例えば、現代における諸発見は射精と男性のオーガズムを区別することを支持するものとなっている[。

この理由のため、これらを厳密な意味でオーガズムと定義すべきかを巡っては両方の立場からのさまざまな見解がある。
代表的な避妊方法
 代表的な避妊方法

ピンクバラ「セックスではイケない・イクことが少ない。前戯や後戯の最中のほうが良い。

なぜこういう男女の性のすれ違い、性の不一致が起っているかを分析してみると、現代の男女にみられるライフワークにも一因があると指摘されている。
普段運動をしない、または、デスクワークでの座った仕事が多い、そして通勤での電車・車利用での運動不足による下半身の骨盤底筋(インナーマッスル)が弱ったことにより、
“男性は、ペニスを膣の中に入れ充分に時間を要して強弱など絡めつつエロチックな雰囲気の下に互いに淫蕩し、楽しみ合う体力・持久力不足によって、独りよがりの早漏・射精にいたる。

これでは、女性がオーガズムに達する前に射精に至っては満足するはずはない”
“女性がセックスではイケない。
第一にあげられるのは男性器のサイズが適合せず、行為中のペニス接触感覚が膣から伝わってきにくい。前戯や後戯で行われる、デーブキッス・指での愛撫の方がより接触感覚が鮮明に伝わり気持ちがいい、ペニスよりかオナニーの方が気持ちいい。

女性のオーガズムのうち、ペニス挿入そのもので引き起こされたものはわずか20%という調査がある。クリック閲覧してみてください。

ピンクバラ性の不能―インポテンツはなぜ起こるのか対処法は

ピンクバラ第二に運動不足・ライフワークによってインナーマッスル弱っているために、女性のホルモン分泌量が少ない

あるいは、ペニスを締め付ける膣括約筋が著しく弱いことなどがあげられる。
その一例として、高齢女性のセックス騎乗位の場合は膣の締まりは緩いものの、内臓全体が下垂していることでペニス先端が新婚当初のセックスよりペニス先端部の圧迫感が、より強く感じられることから内臓下垂の事実がわかる場合がある。

このように下半身の骨盤底筋(インナーマッスル)が弱ったことによりセックスの魅力は半減することになる。
いうまでもないが身体を鍛えることは感じ合えるセックスには必要不可欠の要件であります。
 骨盤底筋(インナーマッスル)が弱ったことにより内臓全体が下垂することで神経圧迫、臓器圧迫などから引き起こされる所見として腰痛、便秘、排尿困難などの症状がみられたり、そして様々な病気をも引き起こすこともある。

 そうならないために、一駅手前駅で降りて、美しい姿勢で大股・速歩で通勤することによって骨盤底筋運動になって直腸括約筋、肛門括約筋、尿道括約筋、膣括約筋を強化できる。
そして、仕事でも良い効果が期待できる。


ハッピー嬢恋をするにはパワーと緊張感と高揚感が常に必要だ。ハイテンションで脳内には花火がどっかんどっかん上がる。興奮状態が欲情をうながし、セックスも燃える。

女性が男性にたいして強烈なアピール方法として、自らの身体はほかのどんな女にも負けない最高の躰だと誇示し、男の浮気を封じの為や、自分もより感じる躰にするための方法として近頃は、ヴァギナトレーニング、オーガズムトレーニングのチャートがあって、気功やヨガの訓練みたいに、息の吸い方、吐き方、筋肉の使い方の鍛錬などを指導してくれる教室に通われる女性も多くいらしゃいます。
 トレーニングすることで女としての魅力づくりは最適ではあるが、でもそういかない人も多い。仕事が忙しい、暇がない、金銭的余裕がない。
そこで簡単により早く膣トレもでき、今日まで得ることのなかったセックスの心地良い悦びを知ることができ、パートナーからとても素晴らしかったと言わしめるセックスが“避妊用具、商品名:ソフトノーブル”を用いる意外に早く低価格(現在キャンペン50%割引中)で叶うのだ。そして半年を過ぎるころから、今までと違って膣の中のペニスの動きが鮮明に伝わる。

自らの意思でパートナーのペニスを確りと締め付けたり緩めたりしている感覚が判るようになってくる。
男の喜びよう、そして行為あとの絶賛が目の当たりにできる。オーガズムとはこんなことを言うのかと実感できます。
 女イラストなぜそのようなことができるのか? 膣恥骨入口はソフトノーブルの形状よりか狭い。膣括約筋が強くないとソフトノーブルを簡単に体外へ押し出すことは難しい。
そこで当初は指でつまんで膣から簡単に取り出すことができるわけだが、指で簡単につまむ位置にあっても、ある程度押し出す膣筋力が必要です。

容易にソフトノーブルを取り出す要領を数多く用いることで膣括約筋を使うことによって強化できます。
 数年たったらパートナーの射精を途中で膣括約筋を使って止めるほどの力が付けば簡単にソフトノーブルは手を使わなくても体外へ出せる。

つまり人によっては男性が射精しても精液が全て射精されない場合があって、暫くすると再び男は勃起することが容易になるという事象が若い世代の女性が用いるとその効果は人によって大小はあってもその可能性は高い。

お客様によっては個人差があります。
商品一覧
問い合わせ、質問は購入サイトからメールでお願いします。
ソフトノーブル通販&「Wikipedia」提供

newpage140.htmへのリンク